ファイナンシャルプランニング/プライベートバンキングにおいて、最もご依頼の多いものを中心にいくつかご紹介させていただきます。それ以外にもお客様に合わせて提供するオーダーメイドなサービスもございます。


初めての相談

具体的に何をどう相談したら良いか分からないという方、とりあえず話をしてみたい、お茶でもしてみようかと思った方は気軽にお声がけください。ディスカバリーミーティングを通じてご自身の考えを整理するところから始めましょう。ご要望があっても、こちらから何か商品を勧めるといったことはいたしません。


保険の相談/見積もり

まずはお客様のライフプランをお聞きし、必要に応じて貯蓄型生命保険、死亡保障プラン、重大疾病保障プラン、健康保険などを提案させていただくことがあります。少し時間をかけてでもキャッシュフロー予想に基づく、無駄のない適切な保障を実現することは大切です。


プライベートバンク口座開設

口座開設後の預かり資産の目安はUSD1mln(約1.1億円)です。口座開設自体はUSD100k(約1,100万円)から可能です。香港内での資産管理はもちろんのこと、国外(オフショア)での口座開設も可能です。私自身がリレーションシップマネージャーを務めさせていただきます。


投資顧問のご依頼

オーナー様(お客様)として資産管理をご依頼いただく前に、資産の状況について伺わせていただけたらと思います。原則として預かり資産の時価に対して年率1%を顧問料として頂戴していますが、内容によっては変動し得ることをご承知おきください。


IFA変更・証券移管

投資型保険(ILAS)や保険証券、その他の口座での運用につき、まとめて管理を承ります。アセットマネジメント/ファンドスイッチングなどは投資一任形態となります。投資管理を私が行いますので、運用会社に任せきりではなく、担当者から直接、しっかりとした説明を受けたい人にお勧めです。


国際ライフプランニング

海外にお住まいの方、海外で事業を営まれる方の場合、各国の状況も踏まえたライフプランニングが必要になります。タックスプランニングや資産管理の効率化など、将来の不確実性を踏まえて、一度はシミュレーションをしてみることをお勧めしています。


サテライト投資

お客様にはコア資産では安定的な資産運用をお勧めしますが、余裕資金があるのであればサテライト資産としてより長期でリターンの期待できるプライベートエクイティファンドなどをポートフォリオに含める場合がございます。


海外資産保全/海外信託運用

海外での資産は特に資産保全のニーズが強く、信託を利用した運用、あるいは遺言等を早い段階で検討することをお勧めします。「資産をいかに残すか」だけでなく「資産が残ったらどうするか」をファイナンシャルプランナーがいわば設計士となって、各方面の専門家との調整役も務めます。


ご依頼の流れ

[ STEP 1 ] お問い合わせ

電話、メール、お問い合わせフォームなどいずれかの方法でお問い合わせください。確認次第、こちらから折り返しご連絡いたします。

[ STEP 2 ] ディスカバリーミーティング

お客様のことをまずは知るために、対面ないしオンラインでの面談を行います。普段思っていることや今後のライフプランなどをざっくばらんにお話しください。

[ STEP 3 ] ファイナンシャルプランニング

ライフプランの実現において、どのような課題があるのかを実際にシミュレーションをして確認してみましょう。数値化、視覚化することで必要なことや不必要なこと、最悪のシナリオなどを把握することができます。

[ STEP 4 ] ソリューション

投資や保険の商品は本来、お客様自身の課題があることがはっきりして、そして目的が見えたときに初めて選べるものです。場合によっては必要ないかもしれません。安易にソリューションに飛びつかないことで、効率的な選択ができます。

STEP 1〜2は無料です。その後、STEP 3〜4にて発生する費用についてお見積もりいたします。

なお、日本国内の投資者に関しては有価証券関連業にかかるサービスの対象とならず、サービス自体の提供ができない場合がございます。


関連ブログ