まもなく日銀が利上げを開始するのではという観測が高まるが、果たしてメディアで取り上げられるほどに何か生活実感を変えるものはあるのだろうか。

金融政策転換の理由

長く続いた低金利環境に変化が訪れようとしている、このことは認識をしておきたい。その背景にあるのは、物価上昇=インフレである。政府も賃上げを掲げてきたが、いよいよその裏付けとなる数字も出てきたと考える向きも多い。

諸外国がインフレに対応する中で金利上昇を経験したのに対し、日本はほとんどスタンスを変えなかったことで円安が進行したというのも事実としてある。日本の景気が良いから金融政策が転換するのか、というとそこはあまり明解ではないのかもしれない。

利上げで変わること

最も大きく変わるのは銀行に預けているお金に金利が付き始めるであろうことである。せっせと貯めたお金も年に一回数円の金利がついているのをふと通帳で見つけた、などという経験をした人もいるだろう。それくらいゼロ金利の世界では金利が存在をかき消していたのである。

利上げが始まれば定期預金の金利も上がってくるため、どのくらいの期間、どこの金融機関でやれば有利なのか、考える人と考えない人では差が出てくる。預金金利について考える人が増えるのは間違いない。ただ、現実には日銀の利上げ幅は大きくないだろうからその活動がペイするのかは分からないが。

利上げそのものというよりはインフレ環境ではあるが、賃貸契約をしている人にとっては賃料の上昇がより一般的になってくる可能性がある。更新時でも家賃交渉が発生する確率は上がるだろう。

利上げで変わらないこと

円安が反転するのかどうか気になっている人が多いかもしれないが、一つだけ変わらないとしたら、日本円の金利よりも米ドルの金利が高い、ということはすぐには変わらない。もちろん金利差としては縮小する面はあるかもしれないが、結局のところ差がある以上、大局観が変わるものではなさそうだ。

デフレからインフレに変わる意味合いは大きいにせよ、諸外国で見たような、金融当局が引き締めに動くほどの大きなインフレに見舞われるという予測は現状の日本にはない。だから根本的には物価を抑える方向ではなく、物価を上昇させ安定させるための政策が目指されることに変わりはない。もしこの前提が揺るぐほどのインフレ予想が立つのであればそのときは大きな変化を予期しなければならない。安心しきってはいけない。

判断が分かれそうなこと

住宅ローン金利については、長期の部分は間違いなく変わってくる。一方短期の部分がどの程度変わるのかは不透明な要素がある。プライムレートに対して優遇幅を設けている以上、優遇幅を縮小するのか、プライムレートを上昇させるのか、という判断も分かれそうだし、結局のところ他行との競い合いの中で金利は決まっている。金利があれば住宅ローン市場に新たに力を入れる銀行だって出てきておかしくはない。一利用者としてはどんなに変動金利が低くて魅力的に見えても固定金利という選択肢について真剣に考えた方がいい。

金利が上がることは株価にとっては良くないのではないか、という意見も聞かれよう。その理由は、企業にとって借入コストが上昇し、収益を圧迫する、といったことなどが挙げられる。しかし、売上の部分は(景気がいいかはともかく)物価上昇により持ち上がっている企業もあると思うし、円安の影響で増加している企業だってあるはずである。株価は収益を反映するわけだから、金利の上昇が株価にもたらす影響は限定的だと言える面はある。

投資に動くべきか、という意味では、別に急にスタンスを変える必要はないが、そもそも金利が上昇するときというのはインフレ環境にある状況であり、したがって現金を持っていれば目減りしていっている計算になる。だからといって慣れていない投資をしても失敗する可能性が高いし、インフレに勝つということ以上に投資で大きな利益を上げたいと考えているなら始めるのに適切なタイミングなのかは考えた方がいい。

緩和環境から離脱するということ

冒頭触れたように、緩和環境から変わる局面に来たのは認識した方がいい。ただ、過去のメディアなどで書いてあったことや成功談は必ずしもこれから正しいとは限らない。

常に変わりゆく世界に対応していく必要があり、何かを学ぶべきはその変化の中にしかない。変化を実感する前に変化を想定するのに多くの人が使うのは、その変化を経験した歴史に学ぶことである。インフレのある経済とはどのような論理で物事が進んでいるのだろうか、それは自分の身の回りと共通していること、相違していることは何か、知っておきたい。

低金利は良いこと、そう思ってリスクを取ったり、無理な意思決定をしたりしている人は利上げが来ない未来を想像してやまないが、たった1%でも金利が違っていたらどのような影響があるのか、意思決定は変わり得るのか、そういったストレッチを始めておきたい。金利の影響を知って、良い借金をしていくことが大切である。

金利は経済の根幹にある指標である。様々な変化がじんわりとやってきたとき、思うような生活ができているのかを検証しておくことをお勧めしたい。

↓ この記事が気に入ったらシェア ↓