「香港で実践できる海外投資・金融資産運用について知りたい。色んな人が情報発信しているけれど、どれももっともらしく見えて、何を信じていいか分からない…。実際に第一線で働いている人に聞いてはみたいけれど…。」

そんな悩みにお応えします。

当記事では香港で初めて資産形成について考える場合から、香港を利用して多様な資産保全に取り組む場合までを随時更新しています。是非ブックマークして教科書的にお使いください。

こんにちは。香港でファイナンシャルプランナーをしています、宮脇健です。

こちらでは香港で実際に行うことのできる、海外投資・金融資産運用の情報を掲載します。

初心者向けの内容から、グローバルに分散投資をする方向けの内容まで、網羅的に解説しています。

体系的な考え方を身に付け、国際金融センターである香港を使い倒すことを一緒に目指しましょう。

どうぞご覧ください。

初心者向け海外投資・資産形成

「海外で資産運用をしようなんて考えたこともなかったけど…。」

香港は国際金融センターとして名高い世界有数の地域です。

そんな香港は様々な金融・投資のプロフェッショナルが集まってビジネスを展開する、まさに第一線です。税制上の優遇のあるオフショア地域の一つでもあります。いわば投資商品の生産工場とも言うべき場所ですから、他よりも優れた投資・資産運用の手法に出会えるのではと期待するのは間違っていません。

香港で金融業が栄えているなんて知らなかったという方に特に読んで欲しい記事はこちらです。

香港が金融の街であることが分かったとしても、金融はカタチがありませんから、誰かから情報を仕入れるしかありません。どこで何を聞いていいか分からないのではないでしょうか。公用語が中国語と英語ですから、提供されるサービスも自然とそうなりそうですが、日本語での対応は望めないのでしょうか。

香港ではどのような金融サービスが利用できるか知りたいという方に特に読んで欲しい記事はこちらです。

香港での資産運用の入り口が分かったところで、具体的なアクションとしてどうしたらいいのか、と思う人はいると思います。ただ、そもそも今のご自身にとって投資は必要なものなのでしょうか。このことは少しだけ時間をかけて考えるべきポイントです。

特に資産形成を行う層に関しては、お金が貯まってきたと思ったら大間違い、お金はまだまだ足りないことを認識すべきです。つまり、必要な資産の額を知るのにいいタイミングであり、足りなくなるリスクをどのようにして回避すべきかを考えねばなりません。貯金があるのに足りないとはどういうことか、それを知るためにも必要なのはファイナンシャルプランニングです。

ファイナンシャルプランニングをやったことがないという方に特に読んで欲しい記事はこちらです。

結果として、働いているなかでもお金が足りなくなるリスクがあると分かったとき、資産運用でリスクを取りたいという欲に負けずにまずは保険に加入することを検討すべきです。香港には特色ある保険商品がたくさんあります。

香港の保険商品の特色について気になる方に特に読んで欲しい記事はこちらです。

また、老後の資金が足りないという場合には、年金を作ることを目指しましょう。これも香港独特の制度があります。

香港での年金づくりについて気になる方に特に読んで欲しい記事はこちらです。

海外駐在員として3−5年程度しか海外で過ごさない場合は香港で金融サービス利用すべきか悩むこともありますが、どのようにしているのでしょうか。

海外駐在員の方に特に読んで欲しい記事はこちらです。

中級者向け海外投資・金融資産運用

既に何らかの投資に取り組んだことのある人の場合、より幅広く投資の機会について見ていくことになりますが、その場合、香港ならではの部分を上手く取り込み、既往の資産運用と組み合わせていくことになります。

香港ならではの金融商品が気になる方に特に読んで欲しい記事はこちらです。

香港に限った話ではありませんが、金融商品選びはそれなりに時間と労力がかかります。勉強がてらと言いつつも、人生に与える影響も大きいことは捨て置くべきではありません。時は金なりです。

とはいえ、資産運用は自分でやりたい人と、誰かに任せたい人に大きく分かれます。

ご自身がどちらのスタンスで臨むのかはっきりさせておいた方がよいでしょう。

資産運用に関する意思決定について気になる方に特に読んで欲しい記事はこちらです。

資産は増えるにこしたことはない、と多くの人が考えますが、一方で投資にはリスクも伴います。目的を定めずに資産運用に臨むと過度なリスクテイクにも繋がりやすいとされます。どのような目的が資産運用には必要なのでしょうか。

資産運用の目的について考えたい人に特に読んで欲しい記事はこちらです。

上級者向け海外投資・資産保全

香港には投資家としての上級者か否かを区分する明確な制度があります。これはトレーダーとして優秀な投資成績を収めるといったものではなく、投資家としてのリスク許容度=資産規模、これまでの投資経験などを考慮し、プロ投資家であればより多くの投資商品にアクセスすることを許可するというものです。

香港におけるプロ投資家制度について知りたい人に特に読んで欲しい記事はこちらです。

香港には数多くの富裕層の方がいらっしゃいますので、ソリューションもそうしたニーズに合わせたものが手に入りやすいと言えます。プライベートバンクを利用すれば手に入るもの、そうでないものがありますが、保険に関しても資産形成とは目的が変わってきます。

富裕層向けの保険ソリューションが気になる方に特に読んで欲しい記事はこちらです。

また、プロ投資家に対して門戸が開かれる投資機会や投資プラットフォームも数多く存在し、世界の富裕層を魅了しています。

富裕層向けの投資ソリューションが気になる方に特に読んで欲しい記事はこちらです。

富裕層の資産運用の目的は資産保全に置かれることは少なくありません。海外ならではの法体系で資産継承が行われることは注目に値するでしょう。

資産保全について気になる方に特に読んで欲しい記事はこちらです。

最後に、資産運用において常に立ち返るべき原点は、ご自身と家族の生活(Life)に与える影響です。様々な投資機会に胸躍らせたとしても、あるいは悩むことがあったとしても、大事にすべきポイントです。

資産運用の原点を確認したい方に特に読んで欲しい記事はこちらです。

↓ この記事が気に入ったらシェア ↓
監修者

宮脇 健

1989年(平成元年)香川県生まれ。高松高校、東京大学経済学部を卒業。大手機関投資家でのキャリアを含め、ロンドン駐在を経て金融業界歴9年。現在は証券/保険取扱ライセンスを保有する香港在住のファイナンシャルプランナー、IFAとして活躍。国際舞台で働く日本人アドバイザーだからこそ出来る、テーラーメイドなサービスを提供。週刊ダイヤモンド『海外マル秘節税術 富裕層の相続』(2021年8月7・14日合併号)にてコメントを掲載。