<サマリ>

恒生銀行(ハンセン銀行)は1933年から営業を開始した、香港で最大の華人系銀行である。その後、1960年代の香港では銀行業の膨張と銀行間競争の拡大を背景に、銀行危機が相次いで発生し、銀行システムの改善のために銀行条例導入に向かった。当時は、イギリスの貿易会社ジャーディン・マセソンの上場などで株式市場が空前の活況となり、代わりに預金が多く引き出されたことも一因となった。

1966年の銀行条例導入前、1965年にハンセン銀行では取り付け騒ぎが発生し、破綻しかけた際に、香港上海銀行が過半数株式(51%)を取得して救済したため、現在はHSBCグループ傘下にあり、リテール部門を担っている。1972年には香港証券取引所に上場を果たした。また、1981年に地下鉄(MTR)での支店営業を許可されたこともあり、香港内ではどこの地下鉄の駅にもハンセン銀行のATMは必ずといっていいほどある。

香港以外では中国本土、マカオ、シンガポールなどに営業拠点がある。中国本土で事業の本格化は1995年の広州支店開設に始まり、現在も広東省や華南地区を中心に展開している。

<特徴>

筆頭株主:HSBC ホールディングス 62%

1965年の救済以来、HSBCは筆頭株主を継続しており、持分も徐々に増加させている。

配当利回り:5 – 6%程度

外部格付け:S&P AA- / ムーディーズ  Aa2 (2020年11月時点)

<株価推移>

TradingView提供チャート 11 HANG SENG BANK

<トピック>

金利が市場最低水準で推移し、利ざやを圧迫する環境が続いているものの、ハンセン銀行は金利収益の安定資産を積み上げて来ており、過去10年の経営は比較的良好に推移。中国本土との大湾区構想(GBA構想)の中でも、個人富裕層向けのウェルスマネジメントサービスの提供が期待されている。

一方で、MoxやZhongAn Bankなど、香港でのバーチャル銀行誕生による競争激化、業界再編にはやや注目が集まっている。HSBCやハンセン銀行をはじめとする主要行はバーチャル銀行を意識して、各種の手数料廃止へと舵を切っているとも言われる。

<最近のニュース>

恒生銀、来年から29の基本手数料を廃止

NNA ASIA

Hang Seng Bank’s virtual assistant Haro joins WhatsApp

Finextra

Hang Seng Bank launches personalised wealth service for HNWIs

International Investment

Mox cuts three banks from direct debit link

The Standard

*本稿の内容はあくまで個人的見解であり、所属組織とは無関係です。また、当該銘柄の売買を推奨するものではありません。