<サマリ>

金沙中国 (サンズ・チャイナ)はマカオを本拠地とする米系のゲーミング企業で、親会社がラスベガス・サンズである。マカオにてカジノやホテル、リゾートを運営している。2009年12月に香港株式市場に上場し、2012年6月4日にハンセン指数の構成銘柄となった。

ラスベガス・サンズのCEOであったシェルドン・アデルソンが主導し、ザ・サンズ・マカオは2004年に開業し、外資参入がマカオで解禁された後、最初のラスベガススタイルのカジノとなった。マカオでは、子会社のVenetian Macau Limitedを通じて、ゲーミング・コンセッション(営業権)を取得している。

有名なのは、ザ・ベネチアン・マカオ、ザ・パリジャン・マカオ、サンズコタイセントラルなどであるが、サンズコタイセントラルは2021年2月にザ・ロンドナー・マカオに改装され、ロンドンにちなんだ体験型アトラクションなどがオープンした。

マカオ以外にも、シンガポールのマリーナ・ベイ・サンズも運営しているが、2021年3月、親会社のラスベガス・サンズがラスベガス事業からの撤退を発表し、今後はマカオやシンガポールを中心とするアジア事業に力を入れることとしている。

<特徴>

筆頭株主:ラスベガス・サンズ 約70%

同銘柄は引き続き、親会社であるラスベガス・サンズが筆頭株主であるが、今後持分比率を高める可能性がある。

配当利回り:3 %程度

外部格付け:フィッチ BBB- / Moody’s Baa2(2021年1月時点)

<株価推移>

TradingView提供チャート 1928 SANDS CHINA LTD

<トピック>

マカオでは、6社(中国系3社、米国系3社)がゲーミング・コンセッション(営業権)を所有しており、その期限は2022年6月26日となっている。その前にマカオ政府は再入札を実施する方針としている。現行の法律では、マカオ行政長官の権限に基づき、ゲーミング・コンセッションの最大5年間の延長が可能となっているが、延長というオプションは取らず、再入札(新規)に向かうことが想定されており、今後の行方に注目が集まる。

また、2021年1月に「カジノ王」と呼ばれたラスベガス・サンズCEOのシェルドン・アデルソン氏が死去したこともあり、より多くの株式が広く中国関係者の手に渡る可能性も指摘されている。

<最近のニュース>

カジノ運営のサンズ、ラスベガス資産売却へーアジアのリゾートに注力

Bloomberg

米「カジノ王」のアデルソン氏死去 共和党に深い人脈

日本経済新聞

Bets on for Macau’s Sands China after U.S. billionaire Adelson’s death

Reuters

ビッグベンにベッカム – マカオの最新リゾート「ザ・ロンドナー」はすべて英国風

CNN

ラスベガス・サンズ、日本でのカジノプロジェクトを断念

Bloomberg

アングル:マカオのカジノがコロナ持久戦へ、収入ゼロでも安泰か

Reuters

マカオ:政府 ゲーミング法改正、営業権再入札の時期は不変〜21-22年、事業者の命運が決定へ

カジノIR ジャパン

*本稿の内容はあくまで個人的見解であり、所属組織とは無関係です。また、当該銘柄の売買を推奨するものではありません。