<サマリ>

吉利汽車控股(ジーリー・オートモービル)は1986年創業の中国の自動車メーカーで、浙江吉利控股集団(ジーリーホールディンググループ、Zheijiang Geely Group Holding Co. Ltd.)の傘下にある。乗用車、スポーツ多目的車(SUV)、新エネルギー車、電気自動車(EV)の開発、製造、販売を行う。

2010年には親会社の浙江吉利控股集団がフォードからボルボ・カーズを買収。2017年にはマレーシアの自動車メーカーであるプロトンの株式49.9%を取得し、プロトンの持つ英高級車ロータスの株式51%も譲り受けた。また、2018年にはメルセデス・ベンツを保有するダイムラー及びボルボ・グループの株式を取得し、筆頭株主となっている。

メルセデス・ベンツは2020年1月8日、浙江吉利控股集団との間で、次期スマートEVの共同開発のための合弁会社、「スマート・オートモービル」を折半出資で設立し、2022年の発売に備える。

創業者の李書福は、習近平氏が浙江省のトップだった時代から非常に仲が良く、政府の支援も受けながら、海外買収を進め、急成長を遂げたとされる。

<特徴>

筆頭株主:浙江吉利控股集団 約41%

同銘柄は浙江吉利控股集団の傘下にある。

配当利回り:0 – 3%

外部格付け: S&P BBB- / ムーディーズ  Baa3(2021年3月時点)

<株価推移>

TradingView提供チャート 175 GEELY AUTO

<トピック>

2020年、ジーリーはミャンマーの自動車販売代理店プレミア・オートモーティブ(PAL)を通じ、小型のスポーツタイプ多目的車(SUV)「クールレイ」の新車販売に乗り出すことを発表した。PALは、ミャンマーのキャピタル・ダイヤモンド・スター・グループ(CDSG)参加にあり、中国の中国第一汽車集団(FAW)ブランドの商用車を販売する。

浙江吉利控股集団参加にある、吉利汽車控股とボルボ・カーは正式に合併する計画があったが、2021年2月、合併を中止し、事業統合という形でシナジーを追求する方針に転換した。合併に伴う既存株主の調整と、組織的な対立と権力争いを防ぐことが目的であったが、果たして実質的なシナジーを達成できるのか不透明感はある。

<最近のニュース>

中国・吉利汽車「新型プラットフォーム」の狙い

東洋経済オンライン

吉利とボルボ、合併なきシナジー効果はいかに

Wall Street Journal

吉利汽車が年内にも新車販売、代理店通じ

NNA Asia

メルセデスベンツと中国吉利、次期スマートEVを共同開発へ…合弁会社「スマート・オートモビル」設立

Response

吉利、習氏と蜜月で急成長

日本経済新聞

*本稿の内容はあくまで個人的見解であり、所属組織とは無関係です。また、当該銘柄の売買を推奨するものではありません。