<サマリ>

中国中信 (CITIC)は1979年に設立された、北京に本社を置く中国の国有投資会社であり、中国最大のコングロマリット企業。当時、鄧小平の承認を得て、栄毅仁が創業した。2014年にCITIC Groupの子会社であったCITIC Pacificが香港にあったCITIC Limitedという会社を完全子会社化した後にCITIC Limitedに改名し、そのまま香港株式市場に上場している。傘下には、中信証券、中信信託、中信銀行などの金融子会社がある他、エネルギーや製造業、不動産業など、幅広く展開している。

<特徴>

筆頭株主:CITIC Group 約58%

同銘柄はCITIC Groupの傘下にあり、CITIC Groupは中国国有企業である。

配当利回り:6 – 8%

外部格付け: S&P BBB+ / ムーディーズ  A3(2021年3月時点)

<株価推移>

TradingView提供チャート 267 CITIC

<トピック>

傘下PEファーム(CPE)では、2021年4月に$3blnのファンドレイズがクローズし、年内に完了する予定がある。もともとシンガポールのGICやTemasekなどの機関投資家からのコミットメントもあり、投資先ではDidi ChuxingやJD Healthが含まれる、アジア中心のポートフォリオを持つ。

また、CITICは西オーストラリアにある鉄鋼の採掘を巡って裁判で争っており、動向に注目が集まっている。

<最近のニュース>

Palmer bonanza as China’s CITIC near billion-tonne iron ore deal

Financial Review

Citic Securities Plans $464 Million Asset Management Unit

Caixin

China’s CITIC Group to cut expenses by $1.4 billion : document

Reuters

Citic to trim McDonald’s China stake as ‘Vision 2022’ targets come under pressure amid competition, costs

South China Morning Post

Itochu, Thailand’s Charoen Pokphand buy 20 per cent stake in Citic Limited

South China Morning Post

中国証券業界のエリート、中信証券の挫折

Wall Street Journal

*本稿の内容はあくまで個人的見解であり、所属組織とは無関係です。また、当該銘柄の売買を推奨するものではありません。