<サマリ>

安踏体育用品 (アンタ・スポーツ)は1994年に設立された、中国を代表するスポーツウェアメーカーである。本社は福建省晋江市にあり、2001年に初めて北京で専門販売店を出店、その後本格的に全国展開を行った。ANTAブランドはもともと1991年に誕生し、2007年に香港証券取引所への上場を果たした。

2009年にイタリアの「FILA(フィラ)」の中国事業を買収して大きく成長した。「ANTA」「ANTA KIDS」「NBA」、日本の高級スキーウェアブランド「デサント」、韓国の大手アウトドアウェアブランド「KOLON SPORT」、香港の高級子供服ブランド「Kingkow」等のブランドポートフォリオも有する。

世界のスポーツ用品企業の売上ランキングでも、ナイキ、アディダス、プーマに次ぎ、第4位争いに食い込む企業となっている。

中国のスポーツ用品市場は、2008年の北京オリンピックをきっかけに急速に拡大したとされる。中国でのスポーツアパレルブランドといえば、李寧(リーニン)とANTAの2つが目立ち、国産ブランドとして世界と戦っている。

2016年にデサントがアンタ及び伊藤忠商事が合弁会社を設立し、中国内でのデサントブランドでの拡販に乗り出した。

2019年にはテニスの「ウィルソン」、ウィンタースポーツの「アトミック」や「サロモン」のブランドを抱える、フィンランドのアメアスポーツを、テンセント等とのコンソーシアム(共同事業体)を通じて買収した。

<特徴>

筆頭株主:Anta International Group Holdings 約50.8%

筆頭株主はアンタグループの持株会社であるBVI法人であり、現経営陣がボードメンバーを務める。

配当利回り:0.6%

外部格付け:なし (2020年11月時点)

<株価推移>

TradingView提供チャート 2020 ANTA SPORTS

<トピック>

新型コロナウィルスによる影響で店舗閉鎖が相次いだが、中国国内の活動再開に伴い、2020年第3四半期にはe-コマースを中心に売上が回復し、香港市場における株価も高値を記録した。社長及び副社長を務める、Ding ShizhongDing Shijiaの兄弟は有数のビリオネアとして名を連ねる。

2020年12月7日、スワイヤー・パシフィックに代わり、ハンセン指数の構成銘柄に採用された3つの銘柄(Meituan, Budweiser, Anta Sports)のうちの一つ。

<最近のニュース>

中国スポーツ用品大手の安踏、フィンランド社のTOB完了

日本経済新聞

中国のスポーツブランドANTAが進める「グローバル化」の野望

Forbes Japan

デサントTOB注目の意味とは

SankeiBiz

Budweiser, Anta Sports and Meituan join Hang Seng Index, displacing Swire Pacific from Hong Kong’s stock benchmark

South China Morning Post

*本稿の内容はあくまで個人的見解であり、所属組織とは無関係です。また、当該銘柄の売買を推奨するものではありません。