<サマリ>

碧桂園服務(カントリー・ガーデン・サービシズ、CGサービシズ)は1992年に設立された、中国を拠点とする、不動産管理サービスを提供する会社である。居住用不動産管理サービスにおいては、不動産のセキュリティ、清掃、庭の手入れ、保守点検なども含まれる。非居住用不動産管理サービスにおいては、スマートシティの運営や、テクノロジー産業公園の運営を手掛ける。

2018年に碧桂園控股からはスピンオフされ、香港証券取引所に上場しているが、このときグループとしての既存持分は維持した。

2020年4月と6月には転換社債の発行により、12月には第三者割当増資により資金調達を行っており、他社買収の機会も窺っている。

<特徴>

筆頭株主:Yang Hui Yan 約48%

同銘柄の筆頭株主は碧桂園の創業者の娘であるYang Hui Yanが務める。

配当利回り:0%

外部格付け: フィッチ BBB- (2021年6月時点)

<株価推移>

TradingView提供チャート 6098 CG SERVICES

<トピック>

2021年5月、碧桂園服務(カントリー・ガーデン・サービシズ)は事業拡大のためにさらなる株式発行を計画していることを発表した。割当は独立投資家に行われ、株主構成の多様化に貢献することが期待されている。また、合わせて転換社債を発行することでM&A資金に充てることも計画している。

なお、2021年6月7日、碧桂園服務はハンセン指数の構成銘柄に選ばれている。

<最近のニュース>

Country Garden Services to Raise $1.34 Billion Via Share Placement

Morningstar

香港ハンセン指数、信義光能やBYDなど構成銘柄に追加ー改革第1弾

Bloomberg

不動産管理の碧桂園服務が7%安 増資で77億香港ドル調達

日本経済新聞

Country Garden Services seeks US$1 billion from stock placement with eyes on acquisition opportunities

South China Morning Post

Fitch Affirms Country Garden Services at ‘BBB-‘ ; Outlook Stable

Fitch Ratings

From food delivery to babysitting, Chinese home builders turn ‘butler’ services to boost revenue amid weak sales

South China Morning Post

Chinese Management Companies are Suddenly Hot Property

Wall Street Journal

China developer Country Garden to spin off its property management business in Shanghai

South China Morning Post

*本稿の内容はあくまで個人的見解であり、所属組織とは無関係です。また、当該銘柄の売買を推奨するものではありません。