<サマリ>

香港鉄路 (MTRコーポレーション)は香港を本拠地とする、香港における独占鉄道事業者であり、1975年に香港政庁が全額出資してできた地下鉄路公司(Mass Transit Railway Corporation)に端を発する。香港各所で利用できるオクトパスカード(八達通)を発行し、バス路線の運営や鉄道沿線の住宅や商業施設等の不動産開発・管理を行っている。香港空港やAsiaWorld-Expoと香港中心部を最速で繋ぐ、エアポートエクスプレスも運営する。

2000年6月には株式会社化を果たし、全株式のうち23%を公募、地鉄有限公司(MTR Corporation)へと改名された。同年10月には香港証券取引所に上場し、2001年からハンセン指数の構成銘柄にも組み入れられている。

2007年には香港の九龍と中国の広州を繋ぐ九広鉄路(Kowloon-Canton Railway Corporation、KCR)を事実上吸収合併した。その後、香港鉄路有限公司に改名している。

香港外でも積極的に事業展開しており、中国国内では北京(Metro Line 4, Daxing Line, Line 14, 16)、深圳(Line 4)、杭州(Line 1, 5)、そしてマカオ(Taipa Line)、ロンドンではクロスレール(TfL Rail=エリサベスライン)やサウスウェスト鉄道、そしてストックホルムやメルボルン、シドニーでも鉄道を運営し、また他の国際都市でもコンサルティング事業を行っている。

<特徴>

筆頭株主:香港特別行政区政府  約77%

同銘柄は引き続き、香港政府によって保有されている。

配当利回り:3%程度

外部格付け:S&P AA+ / ムーディーズ Aa3 / フィッチ AA-(2021年2月時点)

<株価推移>

TradingView提供チャート 66 MTR CORPORATION

<トピック>

2018年9月には広州と深圳、香港を繋ぐ高速鉄道が開通し、西九龍駅からの香港セクションをMTRが運営している。

また、沙中線(Shatin to Central Link)の中の一つでTai WaiとHung Humを結ぶ、東西走廊(East-West Corridor)を含む路線「屯馬線(Tuen Ma Line)」が2021年2月14日に延長された。試験を経て、2021年6月27日に完全な開通日を迎えた。屯門駅から烏渓沙駅まで全27駅、56キロメートルをつなぐ香港最長の鉄道路線となった。

<最近のニュース>

MTR屯馬線、全線開通 九龍北東部へのアクセスが格段に向上

香港経済新聞

Hong Kong MTR : key section of costly Sha Tin-Central link to open by 27-June after repeated delays

South China Morning Post

MTR offers HK$900m fare waivers over two years

The Standard

MTR Corporation deploys robots for deep cleaning operations

FUTUREIoT

MTR eases passenger pain

The Standard

Hong Kong MTR sells US$1.2 billion green bond, largest issued in the city, after Covid-19 crisis leads to its worst financial performance in two decades

South China Morning Post

Hong Kong to create new department by 2023 to oversee rail projects after string of controversies at MTR Corp

South China Morning Post

MTR launches QR code payment service in coming January

The Standard HK

*本稿の内容はあくまで個人的見解であり、所属組織とは無関係です。また、当該銘柄の売買を推奨するものではありません。