<サマリ>

龍湖集団控股 (ロンフォー・グループ)は1993年に設立された投資持株会社で、中国本土で不動産事業を営む。北京、成都、重慶、大連、杭州、上海などでの事業展開を行う、中堅デベロッパー。一つは不動産開発事業であり、Paradise Walkというブランド名が広がった。重慶北パラダイスウォーク、成都三千モール、北京チャンギングパラダイスウォークなどの商業用不動産が含まれる。一方、不動産管理事業も行っており、Goyooというブランドで拡大した。コミュニティ管理や造園緑化資材の保守などが含まれる。

2009年には香港株式市場に上場し、2021年3月15日より、ハンセン指数の構成銘柄に選ばれている。

創業者のWu Yajunは工場で低賃金労働をした経験から、ジャーナリスト時代を経て、不動産会社を立ち上げ、一代でロンフォー・グループを拡大させ、中国で最も自力で成功した女性として一時取り上げられる。現在は娘への世代交代を進めている。

<特徴>

筆頭株主:Wu Yajun  約43%

同銘柄は引き続き、創業者であるWu Yajunが筆頭株主を務める。

配当利回り:3 – 4%

外部格付け: S&P BBB / フィッチ BBB(2021年3月時点)

<株価推移>

TradingView提供チャート 960 LONGFOR GROUP

<トピック>

2012年には中国で最も裕福な女性となったが、その後夫のCai Kuiと離婚したことで順位を下げたものの、UberやEvernoteへの投資等を通じて資産を伸ばし、2019年には再び中国で最も自力で裕福になった女性としてバロンズ紙に選ばれた。

<最近のニュース>

How Wu Yajun, a US$16-a-month Chinese female factory worker, became a self-made billionaire

South China Morning Post

Four Chinese tycoons just transferred US$17 billion of their wealth to trusts as government toughens up tax regime

South China Morning Post

Ex-husband of Longfor chair Wu Yajun to sell HK$1.8bn of shares

South China Morning Post

Landed Ladies Top List of China’s Richest Woman

Wall Street Journal

*本稿の内容はあくまで個人的見解であり、所属組織とは無関係です。また、当該銘柄の売買を推奨するものではありません。