<サマリ>

中芯国際集成電路製造 (SMIC)は2000年創業、中国上海市に本社を置く、半導体受託製造(ファウンドリ)の大手。回線幅14nm(ナノメートル)のFinFETプロセス、同28nmのHKMG(高誘電率絶縁膜/金属ゲート電極)プロセスなどの開発を行ったものの、世界最大のファウンドリであるTSMCに比べると技術的な差は大きいとされる。半導体業界そのものの拡大が継続していることは追い風。

SMICは中国が目指す、半導体自給率向上のための戦略の中核を担っている一方で、半導体への需要が続く中、中国政府は、価格操作などへ目を光らせるなど、締め付けの強化にも動いている。

世界的な半導体不足のなかでは、様々な分野に影響が出ているとされており、SMICや華虹半導体などの大手は国内の企業向けの供給を優先する対応を行っている。

<特徴>

筆頭株主:Hong Kong Securities Clearing Company Limited 約55%

同銘柄の筆頭株主は香港取引所の完全子会社であるHKSCCである。その次に中国政府が保有するChina Xinke Groupが約12%を保有する。

配当利回り:0%

外部格付け: S&P BBB- / Moody’s Baa3 (2021年9月時点)

<株価推移>

TradingView提供チャート 981 SMIC

<トピック>

2020年12月、中国の軍産複合体の中で懸念される企業との関連が確認されたとして、安全保障上の脅威と判断した米商務省によって、エンティティリスト(輸出禁止措置)に加えられている。米国による制裁を受けて、華為技術(ファーウェイ)向けの半導体を生産できなくなったが、その他の顧客からの受注を獲得し、国内での生産機能拡張を進めている。

<最近のニュース>

中国半導体メーカーの株価が軒並み下落、当局が投機「容赦せず」と警告

Bloomberg

Semiconductor giant SMIC’s chairman resigns amid firm’s expansion plans, global chip shortage

South China Morning Post

中国SMIC、上海に新半導体工場建設へ 投資額88.7億ドル

Reuters

中国半導体「SMIC」米国制裁下で工場建設の勝算

東洋経済新聞

SMIC、先進分野が急伸

日本経済新聞

*本稿の内容はあくまで個人的見解であり、所属組織とは無関係です。また、当該銘柄の売買を推奨するものではありません。