<サマリ>

中国蒙牛乳業(チャイナ・モンニュウ・デイリー)は1999年に設立され、中国においてミルク飲料とヨーグルト等の液乳製品、アイスクリーム、粉ミルク及びチーズ等の製造・販売を行う子会社を参加に持つ投資持株会社。

中国における乳製品・飲料における同社シェアはおよそ3割(2019年)で、内モンゴル伊利実業集団と並ぶ高いシェアを誇る。中国では生活水準の向上に合わせて乳製品の消費が増加しており、またハイエンド製品にも伸び代がある。

2004年に香港証券取引所に上場、2009年より、中国政府系食品大手の中糧集団の傘下に入り、2012年からはデンマークの乳製品大手アラ・フーズ社やフランス食品大手のダノン社など海外企業からも出資を受ける。

また、2019年からはキリンホールディングスからオーストラリアの乳飲料事業の買収することを発表したが、2020年にオーストラリア政府は海外からの投資案件の見直しを行った結果、交渉が難航し、買収は中止されている。(なお、キリンホールディングスは豪乳飲料事業をその後現地の乳業大手ベガ・チーズに売却することを決定している。)

<特徴>

筆頭株主:中糧集団(COFCO) 約31%

同銘柄は中国最大の食品グループである中糧集団が筆頭株主を務める。

配当利回り:約0 – 1%

外部格付け: S&P  BBB+ / Moody’s  Baa1(2021年5月時点)

<株価推移>

TradingView提供チャート 2319 MENGNIU DAIRY

<トピック>

2016年9月に同社のCEOに就任した盧敏放は、国際業界団体グローバル・デイリー・プラットフォーム(GDP)の理事に2018年に就任し、サッカーW杯ロシア大会のスポンサーも努めた。また、2020年の東京オリンピックでは最高位のスポンサー制度である「TOP」の共同協賛企業として、コカ・コーラ社とともに、国際オリンピック委員会(IOC)と契約しているが、2022年の北京オリンピックではライバル企業の伊利が北京五輪組織委員会(BOCOG)と契約を結んでおり、同分野で引き続き対立している。

また、フランスのダノン社は同社の株式を間接的に9.8%保有しているとされるが、ダノン社自体の経営の立て直しのため、中国蒙牛乳業の2021年中の売却を目指しており、2021年5月12日にアクセラレーテッド・ブックビルディング方式での売り出しを発表した。

<最近のニュース>

仏ダノン、中国蒙牛乳業株20億ドル売却へ

Reuters

仏ダノン、中国蒙牛乳業の株式1100億円の売却に向けて準備

Bloomberg

キリンHD、豪乳飲料事業の売却中止 豪中摩擦が影響か

日本経済新聞

中国乳製品大手蒙牛とコカ・コーラが合弁設立

AFPBB

五輪スポンサーをめぐる中国二大乳製品企業の対立

AFPBB

*本稿の内容はあくまで個人的見解であり、所属組織とは無関係です。また、当該銘柄の売買を推奨するものではありません。