ファンドラップというのは、一定の金額を金融機関が用意するラップ口座に入れると、その中で様々なファンド(投資信託)に分散して投資をしてくれるサービスのことです。ファンドラップという言い方以外にも「ラップ口座」「投資一任契約」といった言葉でも知られていますが、これらが日本で広まり始めてからおよそ5年以上は経ったでしょうか。

当初、各金融機関が提供したファンドラップの商品には「最低1,000万円から」といった金額が設定されていたこともあり、なんとなく“別格の新しいサービス”という期待感を持って始めた方も多いことでしょう。その決断がよかったのか悪かったのか、そろそろ結果が出てきた頃ではないでしょうか。見直してみるのに良いタイミングです。

特に海外にいらっしゃる方は、居住国が変わって口座管理が手薄になったケース、あるいは海外居住ならではのより便利なプラットフォームにアクセスできるようになったケースもあります。ファンドラップを始める、継続する、解約する、それぞれのステップで迷われている方がいらっしゃれば、この機会に様々なラップ口座を比較してみるのも一つの手かもしれません。

1 5年というスパンでファンドラップを見直してみる

私は運用プランを考える身として、お客様とは5〜10年超のお付き合いを想定していただいています。というのは資産運用は長く、そして安心できるお付き合いとなることがお客様にとって一番良いと思うからです。当然、お客様も運用成績プラスという結果がすぐに出るとほっとするかもしれませんが、1ヶ月も経たずに「今、投資成績どう?」とおっしゃられる場合、結果としてそれに対して良い回答を用意できるよう、私自身が多少無茶な取引をすることに繋がる危険性があることは否めません。

私自身がどんなにあがこうとも市場環境が悪ければ運用成績も伴って悪くなる可能性があります。投資においては仕込みも大事ですから、そういった種まきの時期があることも知っておいていただく必要があります。また、市場が荒れても慌てず、大人しくすべきときは大人しくするというのも長期的な運用においては大事な要素です。

とはいえ、担当者としては運用が始まったらパタっと連絡を途絶えさせ、5年後にふと思い立って連絡をするという冷たい対応をする必要もないので、定期的に連絡はとるようにしたいです。運用に関してはやはり最低でも1年に一度は報告する、そのときには状況が変わっていないか、しっかり説明をさせていただくことにはなります。

2 ファンドラップを始める、継続する、解約するという意思決定をするには

① パフォーマンス(運用成績)の観点から判断する

そもそもラップ口座が設定されて5年経つとすれば、運用成績的にはなんとなく区切りの良いタイミングではないかと思います。担当者の対応や愛想が良かったからという理由で契約した人も、実はやはり資金が増えていなかったとしたら運用としては上手くいっていないということです。

誰がどんなタイミングでどのような判断をしたからその結果になったのかを改めて考えてみるべきです。あなたの担当者自身が投資判断をしていないのだとすれば、その先のポートフォリオマネージャーや組織体制がどのようになっているか、運用期間中に変化があったか等を聞いてみることをお勧めします。ファンド運用の場合は特に、ファンドの運営体制の変化はパフォーマンスに大きな影響を与えます。

② サービスレベルの観点から判断する

サービスが登場したての頃というのは、他社とは差別化され、一般には競争が少ないことが多いです。逆にキャンペーン的に良いサービスが提供されるケースもありますが、サービスが普及するにつれて、業界的にも銀行、証券、IFA、などなど色んなプレイヤーが出てきて、より競争的なサービスが出てきているはずです。競争的な環境の方が、顧客にとってはサービスレベルが良く映る傾向はあります。既にファンドラップに取り組むあなたは、運用の経験があるからこそ経験を活かして色々と開拓するのは良いことかと思います。

一口にサービスといっても、運用そのものの成績だけでなく、購入できる商品数やウェブサービス、あるいは運用以外のところで言えば、プライベートバンクであればF1のチケット手配や限定イベントへの招待なども付加サービスと言えるかもしれません。もちろん解約するときの手数料などの確認は必要ですが、「良ければ続ける、悪ければ解約する」そんな意思決定はあって然るべきです。

3 ファンドラップを継続する理由〜運用結果が良くても悪くても、とことん話ができる

投資一任をした場合、毎日のように担当者に電話をかけたり、またかかってくることを期待することはオススメしません。担当者はあなたのお金を増やすこと、あるいは減らさないことに時間を割くべきだからです。(担当者が運用をしておらず、ただの営業であれば許されるかもしれませんが。)ただし、例えば年一回、担当者に会うときくらいは質問攻めにしてみるのは良いかと思います。

結果としての数字だけでなく、何が起こって何をしたからそういう結果になったのか、しっかり聞くことです。もしそれを嫌がるようなら投資一任費用を払うには値しません。お子さんをベビーシッターさんに預けたからといって、ベビシッターさんはお子さんに何をしても良いということではないのと同じです。とことん話した上で、良くても悪くてもその運用結果に納得ができたのであれば、それは継続する理由になるでしょう。

また、色んな相談に乗ってくれた担当者と仲良くなったと言うことはあるでしょう。ただし、感情にほだされることはオススメしません。たとえ担当者と仲が良くても、少なくとも「プロフェッショナルとしての評価」は与えるべきだと思うからです。もしそれでも関係を続けるメリットがあるとあなたが思うならそれもいいかもしれませんが、逆にお互いにそういう関係が築けているのであれば運用を委託する以外にも関係を続ける道はあるのではないでしょうか。

4 ファンドラップを解約する理由〜期待していたとおりのサービスではなかった

ファンドラップにありがちなのは、確かにオーダーメイドでポートフォリオを組めるが、それは少ないラインナップのカタログから選んでいただけというケース。しかも載っている商品が割高なものばかり。

ラップ口座の成立には、銀行や証券会社がもともと自社で売っていたものをパッケージ化したという経緯があります。売れ筋のものをまとめた場合もあれば売れないものをまとめて売ろうとしたものもあるかもしれません。

「オーダースーツ」といってもフルオーダーメイドなのかセミオーダーメイトなのかの違いが聞いてみればわかります。金融商品の場合も、何でも買えるプラットフォームである「オープンアーキテクチャ」か、カタログに載っている商品を買える「クローズドアーキテクチャ」かという違いがあり得ます。スーツには定番の型があるので、セミオーダーメイドの発想は悪くありませんが、実は金融商品の流行り廃りは凄まじく、それは運用成績に直撃するので、クローズドアーキテクチャなのであれば、少なくともカタログが更新されていっているかどうかを確認する必要が出てきます。

また、最近はロボアドバイザーも注目を集めていますね。私自身、「アセットマネージャーとしての自分のアイデアを忠実に再現してくれるクローンができたらどうだろう」と考えることはたまにあります。自分はどちらかというとロジカルな人間だと思いますが、人間なので何度も同じことを考えることはあります。だから、これをいっそオートメーションしてしまえば楽になれるのにと思ってしまいます。しかし、どんな優秀なファンドマネージャーもその生涯を輝かしい成績だけを収めて投資の世界を去ってわけではないことを思うと、ロボ運用は資産運用業界の抱える問題に対する解になっているのか疑問ではあります。

また、お客様の立場からみて、ロボアドバイザーに頼むという行為はどうだろう、とも考えます。個人的には投資もまた語学と似たようなものだと思っています。通訳をお願いしたがために、英語がしゃべれなくなってしまっては意味がありません。最初は誰かにお願いするにせよ、時間を見つけて挨拶くらいはできるようになった方がいいのと同じで、投資も何が行われているのかを理解できるようになることはプラスです。時間を作ってでもある一定レベルの知識は必要だと思います。資産規模とともに、お客様の金融知識が追いついてくれば、プロ投資家向けの商品なども案内しやすくなります。あるいは家族の金融知識が追いついてくれば、いずれくるであろう資産継承もより楽に行えることでしょう。

ロボに預けてしまうのは楽かもしれませんが、残念ながら一生初心者止まりな気がします。資産規模がそれなりにあればロボだったとしても運用委託手数料(アドバイザリーフィー)もバカにはならないですしね。

なお、ファンドラップが期待していたとおりでないことに気づいたが、それでも何とか運用益が出ているタイミングというのは、解約(売却)に向かう人が多いように思います。

5 ファンドラップを始める理由〜投資家としての成功法則を身に付ける

日本で登場した”ラップ口座”という言葉は、紛れもなく海外からの輸入品であって、実際香港に来てみると、至極ありふれたものだと感じます。商品があふれているので、「詰め合わせ口座」は好きなように作ることができます。世の中の金融商品を何でも買える「オープンアーキテクチャ」のものすらあります。

日本でラップ口座を扱うにあたっては、やはりもともとあった金融制度や金融機関の組織制度に適合する必要があったので、そのままというわけにはいかなかった部分もあるでしょうから、それ自体を責めるわけにはいきません。ただ、ラップ口座も使いこなす技量が必要になってきます。

ラップ口座で行う運用は何か特別な内容である必要があると私自身は思いません。分散の聞いたポートフォリオを構築するには向いている時もあります。たくさんある金融商品の中で、時代に合わせてベストなものをピックアップする、しかもそれが時代を通じて一貫した投資家としての成功法則に近づけるものの方がベターと思います。

“福袋”にも業者が得をするものと買った人がおトクに感じるものとがあるのと同じように、ファンドラップにも同じことがあります。お値段として妥当か、という観点からも牽制を聞かせ、投資家として大成してもらえたらと思います。

ファンドラップにおいてもダイヤの原石をかき集め、磨き上げることはできる