<サマリ>

九龍倉置業地産投資 (ワーフ・リアルエステート・インベストメント)は香港を拠点とし、イギリス領ケイマン諸島に登記がある、不動産の投資・運営に従事する会社(REIC)であり、主には投資不動産からの賃料収入を収益源とする。2017年に九龍倉集団(ワーフ・ホールディングス)からスピンオフする形で設立され、香港株式市場に上場、2018年2月には、ワーフ・ホールディングスに代わってハンセン指数の構成銘柄となった。

2019年12月には親会社からシンガポールのWheelock PlaceとScotts Square、そしてWheelock Properties (Singapore)を取得している。Scotts Squareはフリーホールドである。

香港での代表的な物件としては、尖沙咀にある「ハーバーシティ(海港城)」があり、香港最大のショッピングモールの一つとして食事、ホテルなどでも、買い物客と観光客を引きつける。また、銅羅湾にある「タイムズスクエア(時代広場)」はMTR駅とも直結しており、小売店とオフィスの複合施設で、国際ブランドの出店も多い。そのほかでは、Wheelock HouseやCrawford Houseでこれらは全て999年間のリースホールドとされている。また、ホテルではThe Murray、さらにPlaza Hollywood、そして香港では言わずと知れた、スターフェリー(Star Ferry)も運営している。

<特徴>

筆頭株主:Wheelock and Company Limited 約49%

同銘柄は引き続き、会徳豊地産(ウィーロック)により保有されている。

配当利回り:4−6%程度

外部格付け:ムーディーズ  A2(2021年1月時点)

<株価推移>

TradingView提供チャート 1997 WHARF REIC

<トピック>

2020年の新型コロナウィルス流行によって、香港のショッピングモールのテナントは苦境に立たされ、結果としてオーナーである、ワーフ・リアルエステートも賃料下げの圧力を強く受けることとなった。

2020年7月、筆頭株主であるウィーロックをその大株主である呉光正(ピーター・ウー)一族が全ての株式を買い取り非公開化することとなったが、傘下のワーフに関しては上場を維持した。傘下のワーフの株式に対して、ウィーロックの株式価値が低く評価されたタイミングを利用した形。

<最近のニュース>

会徳豊など株式売買停止、グループ再編か

NNA ASIA

香港ウィーロック非公開化 呉氏一族 ワーフ上場維持

日本経済新聞

Hong Kong’s iconic Star Ferry to raise fares for two routes across Victoria Harbour from February 9 next year

South China Morning Post

Hong Kong’s biggest shopping centre Harbour City offers rent concessions and shocks tenants with lease renewal terms

South China Morning Post

Owner of Times Square, Fashion Walk malls report big losses as Covid-19 crisis prompts plea for rent relief

South China Morning Post

ルイ・ヴィトン、大規模デモ続く香港で1店舗を閉鎖へ – SCMP

Bloomberg

Hong Kong Sells Record-Breaking Land to Wharf, Tycoons

Bloomberg

*本稿の内容はあくまで個人的見解であり、所属組織とは無関係です。また、当該銘柄の売買を推奨するものではありません。