今回は香港と近いが違う中国本土の人民元口座の取り扱いについて話してみたいと思います。

海外銀行口座開設ツアーと海外銀行口座解約

香港にはかつて、海外の銀行口座開設ツアーなるものを通じて、日本から銀行口座を開設に来ていた方々がいます。昨今は、銀行口座開設そのものが難しくなったと言われていますので、かつてのブームほどではないですが、今もちらほらと口座開設にチャレンジする方はいるようで、サポート業者を探し歩く人をたまに見かけます。

さて、一方で海外の銀行口座解約にも苦慮する人がいるようです。当時は銀行口座開設ツアーに仲間同士で参加して、飲み歩きながら、気軽に銀行口座を開いたものの、気付いたら使っていない口座になっていた、時間が経って暗証番号を忘れた、使い途がない資金があることに気付いた、などから解約する方もいます。それなりに資金がある場合には、思い立ったときに何か対策を打つべきでしょう。口座名義人がお亡くなりになって、相続しようと思ったら、法的な手続きに費用がかかることを知り、資金が少なければそのまま放置する人もいるそうです。現地に行って解約手続きをするもよし、そのまま運用に回せるよう証券口座等に乗り換えるもよしです。渡航がままならない場合は不安も募ります。

中国本土の銀行口座(人民元)の使い途

さて、香港の銀行口座は資産運用目的だったかもしれませんが、もう少し実用的な海外銀行口座として開設される、中国本土の銀行口座(人民元)のことを考えてみます。香港でも人民元の銀行口座を開設することはできますが、残念ながら、中国本土のオンショア人民元と、香港のオフショア人民元には大きな違いがあり、全く別のものと考えておいた方が良いでしょう。

人民元は比較的金利も高く、国内で保有する分には不自由も、損をした気分にもなりません。ただし、国外に出るとなると話が違ってきます。

したがって、中国本土の銀行口座にある人民元は、外国人である日本人にとって出口戦略が極めて重要である、と言えます。

人民元口座を開くことは容易か

香港で人民元口座を開くことは難しくありませんが、中国本土へ行って口座開設するのは正直言って大変です。中国も国際化しているとはいえ、そもそも英語を話す銀行員は決して多くないですし、支店ごとに手続きが異なることもあるようです。特に、中国外に住所を持つ人は、身分証明に苦労するような気がします。香港の場合も日本の居住者の銀行口座開設は確かに難しくはなりましたが、それでも英語を話すことができ、書類と開設理由さえちゃんとしていればチャンスは残ります。なお、香港居民であれば、中国本土の人民元口座を開く方法はより整備されつつあります。

人民元を中国国内から出すのは大変なのか

人民元の国外持ち出しは厳しくなっているのでしょうか。実際、国外への持ち出しには規制がかかっていますが、口座を閉鎖し、現金化するだけでも制約がかかることがあるようです。当然ながら日本にある中国の銀行の支店に行ってもまず解決しません。珠海で銀行口座を開設し、香港から近い深圳で閉鎖に挑んだとして、まずは珠海に行け、と言われる可能性が高いこと、そして、結果的に、支店を回ることになっても、「5万人民元以上の現金引き出しは事前予約が必要」と言われ、絶望することもあるようです。中国本土から香港への送金も制限がかかっていますから、現金化も難しいとなると一日で何とかなる問題ではなくなります。最終的には、「中国本土内口座間送金であれば金額の制約はない」ということでウルトラCなのかどうかもよく分かりませんが、とにかく友人の助けを得て何とか口座解約まで漕ぎ着けることができた例もあります。

他にも口座解約時のトラブルは多い

現金引き出しや中国国外への資金持ち出しとは別に、口座解約時にはトラブルがつきものです。

  • 登録住所が分からない

口座を長く放置していると、あるいは引越しをしてしまうと、そもそもどの住所が登録されているのか覚えておらず、心当たりのある場所を答えてみても全然違うことになりかねません。実際にあった例としては、支店の行員と何度かやり取りをしながら(本来教えてはくれないものを捻り出させて)分かったことは当時滞在していたホテルの住所を用いて、口座開設をしたらしいということでした。当時利用した部屋番号まで聞かれましたが、覚えているはずもありません。しかしこれもゴネにゴネて何とか情報を引き出すことになります。

  • 暗証番号(PIN)が分からない

口座開設以降、初期の暗証番号は一度変えたようですが、残念ながら、心当たりのある番号を答えても分からないことがあります。結果、最初は珠海の支店まで行けばPINの変更ができると言われ、途方に暮れることになりましたが、粘りに粘った結果、深圳の支店でPINを変更し、事なきを得ることになります。

  • 中国語が分からない

仮に一時期中国に住んでいたとしても、その土地を離れると言語というのは忘れてしまうものです。いざ口座閉鎖しようとなったとき、話せなくなっていることもあります。現地の友人に付き添ってもらってようやっと口座閉鎖となります。

そもそも人民元は欲しいのか?

日本人にとって人民元で資産運用を、というのは現時点ではなかなか現実的ではないと思います。もちろん、人民元建ての運用商品は増えてきてはいますし、もちろんそのまま放置をしていたら、金利分だけ増えていることだってあります。ただ、現地での生活資金としての必要となる人民元の量を超える部分については、予め出口戦略を考えておく必要があるのかもしれません。